Pocket
LINEで送る

こんにちは!前田です。

やはりですね前回のブログから3ヶ月もたってしまいました( ゚Д゚)
すぐ続きを書こうと思っていたのに・・・
というわけで明けましておめでとうございます(笑)

さて母乳育児ですが、本当に奥が深いのです。私は長男出産するまで生まれたらすぐ母乳出て泣いたらあげれば良いんでしょう。
なんて思っておりました。

はい完全に甘かった!!なめてましたごめんなさい💦

そんなに上手いこといくものではありませんでした!

生まれてすぐになんて出ません。(出る方もおります)とにかくたくさん吸わせて吸わせて刺激して母乳生産ホルモンにスイッチを入れる感じです。

ここで重要なのは吸わせる回数の多さも大切ですが夜間の授乳です。

夜中は母乳生産ホルモンが昼間の約2倍。つまり夜間に頻繁に授乳することで母乳の「立ち上がり」が早くなるということ。

これを知らなかった私は出産後の入院中、夜は助産師さんたちに預けてゴーゴー寝てました!

楽できるのは今だけだ!と思って。

でも本当に楽できるのは入院中のみなので完全母子同室ではない産院であれば預けて体を休めることは良いと思います。

過酷な出産を終えたのですから。休まないと疲れで母乳も出にくいこともありますし。

問題なのはこの夜間授乳が重要だという生理学的な事実を知っているかいないかです。

知っていて休む分には良いのです。

知らないで夜1回も母乳あげずにいて、なおかつ母乳があまり出ない状態のときにママが「こんなに母乳が出ないなんて私って母親失格なんじゃないか」と思い悩んでしまうことが非常に危険!!

こうなったら悪循環!生理学的に分泌増加に大事な時間に授乳しない⇒分泌が増加しない⇒出ないストレスでさらに出ない。

そして哺乳瓶でミルクをあげることによりママの乳首を嫌がるようになる(乳頭混乱)赤ちゃんもいたり。

もちろん哺乳瓶も母乳も問題なく飲む赤ちゃんもいますので必要以上に心配することもないですが。

あとは母乳飲むのが少し下手っぴちゃんもいてその場合も乳首への刺激が少ないためにうまく生産ホルモンにスイッチが入らなかったり。兎にも角にもママも赤ちゃんも初めてなのでまぁ大変です。

ミルクもあげすぎると母乳飲む量が減ってしまうのでこれもまた刺激不足により生産量が減ってしまったり。なのでミルクの減らし方も難しいようです。

本当に奥が深いです。

ミルクでも良いわぁというママは良いのですが、完全母乳が良い!と思っているママですと危険ですよね。どんどん追いつめられてしまうので。

ということで母乳にしたければ母乳のメカニズムを知ろう!ですね。産院さんにはぜひ生理学的な事をママたちに教えて頂きたいなと思います。知識があることで育児ノイローゼのような状態を防ぐことができたらとても大きい事だと思うんです。

ママの精神状態はものすご~~~く重要なので。

まとめますと夜間授乳は母乳分泌増加、維持に重要。

よく眠る赤ちゃんで新生児期なのに夜5時間以上まとめて寝ておりその間搾乳もせずに起きるまで飲ませずにいると徐々に分泌量が減り出なくなることもある。なので新生児期は3時間以上は授乳間隔をあけないようにしたほうが良い。起こして飲ませるか搾乳するなど。

もちろん夜に授乳しなくても1歳以上までたくさん出るママもいます。

ですが体の機能的には出なくなるリスクも高いですということですね。母乳は欲しがれば何回でもあげていいので2時間しかたっていないから我慢させよう!なんてことはしなくていいそうです。あまり間をあけるとママの乳腺炎のリスクも高くなるので飲んでくれるなら飲ませましょう。

まだまだ色々ありますがやっぱりママがゆとりをもって育児できることが大事ですよね。これが良い!なんて正解はないと思うんです。ママもそれぞれ違うし赤ちゃんもみんな個性が違う。色々な知識をもらいながらより良い方法を模索できたら良いですよね。

私が言うのもおこがましいですがフレ~フレ~ママさん!!ファイト―!

体の状態が辛くなったらカイロプラクティックケアですよ~!歪みがひどいと疲れも取れません!授乳も辛い!血流が悪くなり乳腺炎のリスクもあがる!良い事なし!

骨盤整えてすっきりリフレッシュ☆

初診時にお身体の状態からだいたいどのくらいの治療回数かかるか、家でのストレッチなど計画を説明させて頂きますのでご安心下さい♪

Pocket
LINEで送る