Pocket
LINEで送る

30代女性。第2子妊娠19週。左臀部から下肢の痛みを訴え来院。

 

症状

妊娠10週あたりから左臀部に痛みが出る。その後、徐々に痛みが太ももまで広がり現在は膝下5cmまで痛みがある。この痛みは長時間座っていると出現していたが、現在では歩行時でも痛みが出てきてしまい休み休み歩く状態になってしまい困っている。第1子妊娠時も同様の痛みが出ていたが我慢できる程度の痛みだったため何もケアはせずに過ごしていた。産後痛みは解消されていたが今回第2子妊娠で痛み再発。今回のほうが痛みが強く日常生活にも支障が出ているため来院された。

 

検査

左仙腸関節屈曲制限

左腰部起立筋過緊張

左腰椎左回旋変位

左梨状筋過緊張(臀部の筋肉)

 

施術

左仙腸関節、腰椎左回旋変位に対しカイロプラクティックケア。

左梨状筋筋膜リリース

背部、頸部に対しカイロプラクティックケア。

 

コメント

1回目の施術で座位時の痛み30%減少。歩行時の痛みはまだ変わらないが長い距離歩けるようになる。

2回目の施術後座位の痛み50%減少。歩行時も痛み半減。

3回目の施術後座位、歩行時共に痛みは出るがごくわずかになる。

4回目施術後、座位、歩行時共に痛み消失。

その後3週間後に経過確認。痛み無く過ごせていた。

今回は妊娠中ということで関節が非妊娠時より緩んだ状態にあるため治療間隔は狭めて週2回のペースで行った。途中、臀部のストレッチを自宅で行って頂いたこともあり早期に改善がみられたケースでした。

妊娠中だから仕方ないと思われている方が多いのですが、そんなことはありません。妊娠していても問題がない方もいらっしゃいます。でも問題が出る方もいらっしゃいます。その違いは何か。背骨や骨盤に歪みがあると常に筋肉は引っ張られ緊張しているので更に負荷がかかった時に耐えきれなくなります。なので歪みを整えお腹の大きさにも耐えられる体に導いていきます。お困りの方、我慢せずご相談下さい。

Pocket
LINEで送る