Pocket
LINEで送る

50代女性。右手の痺れを訴え来院。

 

症状

1ヶ月程前から右人差し指と中指、薬指の第2関節から指先までに痺れが出現。

とくに生活に変化はなく思い当たる原因がない。この痺れは常にある。首を右斜め上に向けると痺れが少し増悪する。マッサージに行ったり、整形外科に行ったが変化が見られず不安に思っている。整形外科ではストレートネックと言われただけだった。

 

 

検査

頸部右回旋制限

右僧帽筋(肩の筋肉)右肩甲挙筋(首から肩甲骨に付く筋肉)に過緊張と圧痛。

左脊柱起立筋に過緊張。

右肩関節内旋変位。

 

 

施術

首に負担をかけている要素の排除。左脊柱起立筋の緊張を招いている骨盤及び腰椎の歪みに対しカイロプラクティックケア(矯正)。僧帽筋、肩甲挙筋の緊張をまねいている頸椎(首の骨)にカイロプラクティックケア。

右肩関節の内旋(肩が丸まっている状態)に対し筋膜リリース。肩が丸まっている状態も指先の神経に負担をかけるためケアする。

コメント

5日~7日に1度の施術を3回。3回目のあとには痺れは中指の第1関節から先のみとなっていた。そのため4回目は2週間後に施術。その間は自宅での首、肩の簡単なストレッチを行って頂いた。5回目の後は長時間パソコンをした時のみ痺れが出る。6回目では長時間パソコンをしても痺れは出なくなる。これで施術は1度終了。

今回の女性は痺れが始まってから1か月と早めの来院だったこともあり比較的早期に改善されました。痺れは症状が始まってからどのくらいの時間がたっているかで改善のスピードが変わります。発症から1年以上経っていたり、しびれの範囲や年齢、性別、職業などでも改善回数は大きく変わります。様々なことを考慮し1回でも早い改善を目指し施術させて頂きますし、どのようにして症状が出てしまったのか今後の施術計画など初回時にしっかりご説明致しますのでご安心下さい。

Pocket
LINEで送る