Pocket
LINEで送る

40代男性。咀嚼時の顎の痛みを訴え来院。

症状

半年程前から硬いものを噛むとき左顎に痛みが出るようになる。初めは固いものを噛む時のみ痛みが出ていたが段々と柔らかい物でも痛みが出るようになってきた。とくに思い当たる原因はないが痛みが出る数ヶ月前から首が凝るなぁと感じていた。頭痛も週に1回程出るようになっていて、疲れかなと思い長時間睡眠をとってみたりマッサージに行ってみたが状態に変化はなかった。痛みで食事が楽しくなくなってしまっている。

 

検査

頸部左回旋制限

左肩外転120度制限、右肩外転170度、左右差あり

胸椎右凸軽度側弯

顎関節開口時痛なし。右スライド時に痛みあり。食いしばりで痛み。

腰部右回旋制限

 

施術

骨盤、腰部の可動制限に対しカイロプラクティックケア(矯正)

胸椎、頸椎の可動制限に対しカイロプラクティックケア(矯正)

左肩関節周囲の過緊張している筋にストレッチ

 

コメント

1回目の施術後、顎の痛みはまだ出るが首の凝りを感じなくなる。2回目施術後、顎の痛み50%減少。3回目施術後、朝食、昼食時は痛み出現せず夕食時のみの痛みになる。4回目施術後、夕食時の痛みも消失。少し顎の筋肉が疲れる程度になる。その後メンテナンスとして1か月後に来院。痛み無く過ごせていた。

今回の方のように顎の痛みを抱えている人はけっこう多いのではないでしょうか。固いものを食べなければ大丈夫だからと何もせず放置しておくとある日痛くて食事が出来なくなるなんて事もあります。顎と首の歪みは密接な関係にあります。首の歪みで左右の筋肉のバランスが崩れどちらかの筋肉に過剰な負担がかかります。過負荷をかけられた筋肉は疲労しやがて痛みに変わります。そして左右の噛みクセがついてしまいより痛みを増悪させる。こんな悪循環に陥ります。その前にぜひご相談下さい。

Pocket
LINEで送る