こんにちは!梅雨ですが暑い毎日が続いてますね。みなさま体調は大丈夫でしょうか?

本日は「産後クライシス」について考えてみようかなと思います。

最近良く聞くこの言葉「産後2~3年程の間に夫婦仲が悪化する」現象を言うそうです。現に離婚したときの子供の年齢で1番多いのは0歳から2歳のときだそうです。ここで夫婦2人よくコミュニケーションを取れずにいるとこういう末路を・・・。そうならないためにもたくさんお話ししていかないとダメですね。

産後の患者さんを施術させて頂いていて思うのは9割の方は「夫にイライラしている」 :mrgreen: という事。これ男性は男性で「俺だって頑張っている!」と反論されるでしょうが、違うんです。頑張っているのかもしれないけど頑張りが妻からみると甘いという事なのです。簡単にママのイライラポイントをあげてみたいと思います。

 

おしっこのオムツは替えるがうんちだと替えない。

夜泣きにいっさい起きない。(ひどいとうるさいと言う)

数分抱っこしても泣き止まないとすぐに諦めてベットにおろしスマホする

ずっとスマホを見て気が向いたときだけあやす

自分がご飯を食べていると赤ちゃんが泣いても食べることを優先させる

専業主婦なんだから妻がして当たり前と家事を分担しない

共働きなのに家事を嫌がる

少し家事を手伝うと「やってやってる感」を出す。

子供と長く一緒に遊ぶことが出来ない(面倒だから)のでテレビやユーチューブを見せておいて自分はダラダラしている。

 

ざっと上げただけなのでもっとあると思いますがこんな感じでしょうか。すべてに当てはまらなくてもこれらをやってしまっているパパさんけっこう多いのではないかと色々な方のお話聞くと感じます。

日本はまだまだ男は仕事、女は家事育児という考え方が根強いことが夫婦すれ違いを起こす一因ではないかと思います。

男性で家事育児は女性の仕事で自分は「手伝い」という認識を持っている方いませんか?

「手伝い」という考え方をもっていると奥さんとの距離はひらくばかりです。

女性は

夫婦2人の子供なのに、そして共働きなのにどうして家事も育児も私がして当たり前なの・・・

と感じています。問題の根底に男性は奥さんに「お世話をしてくれる人」「お母さん替わり」を求めているような気がしています。あくまでも私個人の考えですが。

「主婦は1日家に居られて楽だよなぁ」なんて思っているパパ、言ってしまったパパいませんか?

あり得ません!!

これ子供がいる家庭ならなおさらあり得ないです。この言葉完全に地雷です。

ママは朝から洗濯してご飯作って食べさせて少しテレビ見せている間に片付け掃除、昼ごはんの支度しておいて朝おやつ出して準備して公園行って・・・などなどかなり時間に追われて過ごします。この間に子供のお世話も入ってきます。

24時間体制、休日なし。完全にへとへとです。主婦が楽だと思うなら

ママと完全に同じことを1週間してみて下さい。

誰のお手伝いもなく完全に1人でです。それから感想を聞きたいなと。それをしたうえで同じことを言うなら納得かなと。1週間と言わなくても2日でも。そうしてママの気持ちを理解してもらえたら離婚率も下がるのかななんて思ってしまいます。お仕事が大変なのはとてもよく分かります。ほとんどのママはお仕事もしてきていると思うので。

パパがお仕事してきてくれるおかげで生活出来ていることも分かっています。

でもママはその間、必死に子供を育てています!

出産し、体調の変化と、まとまって寝られない赤ちゃんのお世話、今まで好きだったお酒も飲めない、飲み会なんて行けない、外に出るのもままならない、大きく変化するのはやはり女性。

これ簡単に聞こえるかもしれませんがものすごーーーーーーく辛いんです!育児ものすごーーーーい追い詰まるんです心身共に。

我慢が尋常ではなく多いのが育児。例えば母乳育児をしているママはお酒も飲めないし、乳腺の詰まりやすい方ですと油の多いものや乳製品が食べられなかったり色々制約があります。

食べたい物も赤ちゃんのために我慢して、まとまった睡眠すら取れずに必死に育児をしています。

自分の事なんて2番目、3番目です。この状況の中で俺は仕事して稼いできているのだから当然というように飲みたいのに飲めないママの横でビールを飲んでいたり、友人との飲み会で朝帰りして二日酔いでぐうたらしたり、好きなものばかり食べて野菜残していたり、夜泣きにもいっさい起きなかったりしたらどう思いますか?

 

殺意が湧きます(笑)

 

でもですね絶対酒飲むな!夜泣きに毎回起きろ!なんて言いません。ただお酒飲む日を少し減らすとか、毎日大変だよね、ありがとうって少しでもママさんを労わってくれる態度や言葉があればけっこう救われるんですよ。要するに共感です。これがあると「あぁ分かってくれているんだ」心穏やかになれますし、旦那さんへの感謝の気持ちも持てます。明日好きなもの作ってあげようかな♡とか。こうしてお互い思いやれて穏やかに暮らせるなら「ありがとう」も安いもんだと思いませんか?(笑)

ある女性の方が突然入院することになってしまったんですって。まだ小さい子供が2人いて、ママが入院中パパが代わりにすべての家の事していたそうです。そして退院したらパパがすっごく優しくなったらしいです。もう主夫は無理だ!会社に行った方が楽だ!今までありがとうって(笑)やっぱりやってみないと分からいものですね。

男性としては妻が赤ちゃんばかりで俺を見てくれない、イライラしていて態度が悪いからいけないんだ!なんて思うかもしれませんが理由なく怒っている訳ではないのです。

イライラしていて俺に当たられる。ではなく旦那さんにイライラしているんです!

ママは食べたい物もしたいことも沢山の事を我慢して子供のお世話を必死にしているのに

パパはスマホ見ることくらいも我慢できないの?

テレビ見ること程度も我慢できないの?そんなの子供が寝た後に見れば良いでしょ!!

どんだけ自分本位!?となります。

あとは

面倒なことはママがやっているのに、都合よくなんとなく遊んで面倒みるだけで俺すごいやってる!という態度がママにはカチンとくるのです。それくらい当たり前やろー!(心の声)

俺けっこう協力してるのに何なんだよ!と自己主張ばかりでママの気持ちをおもんぱかろうとする態度が見えないからママはイライラしているのかもしれないですよ。

素直にプライドなんて捨てて「俺なにがダメだった?何したらいい?」と聞いてたくさんたくさん話し合いをして下さい。これをお互いに我慢して我慢していると産後クライシスの「最悪」の結果になるんだと思います。

男性は察することが苦手で、女性は察して欲しいと思っている。もうここからすれ違ってますよね。きちんと言葉にしないとダメなんですね。

私が子育てしている中で数えきれないほど主人にはイライラしましたが(笑)本当に嬉しかったことがあります。

次男の夜泣きがひどくてかなり心身共に追い込まれていた時がありまして、授乳しながら泣いた時があったんです。あ、泣いたのは次男ではなく私がですよ(笑)その時にずっと私の背中をさすっててくれたんです。これが一番嬉しかった。

救われるのってこんな単純なことだったりします。

 

けっこう多いようなのですが「俺に構ってくれない」と赤ちゃんに焼きもちをやくパパさん。これは仕方ない事です。パパに構う余裕なんてありません。それに夫婦2人の子供を必死に育ててくれているママ、素敵じゃありませんか?

子供を育てるって本当に大変なことなんですね。専業主婦なんだからと家事に完璧を求めず協力して下さい。夜ごはんが出来てないからってイラっとしないで下さい。共働きであれば家事は半々を目標にして下さい。お仕事激務のパパで半々が無理であればいつもたくさん家事してくれてありがとうと労いの言葉をかけてあげて下さい。できるだけ自分の事は自分でして下さい。

ここにもイライラポイントがあるんですが、

男性は自分がしている家事の量を実際より多く見積もっているらしいです。

男性は家事の3割はやっている!と思っていても女性は1割しかやってくれていないと感じています。これって研究結果で出ているんですって(‘Д’)

細かいものまで見えていないのが原因だと思います。家事の分担を書き出すというのも良いと思います。表にしたりして視覚化しないと分からないですからね。1人暮らしの家事と子供がいる家庭の家事の量は全然違いますしね。思い知らしめましょう、どう?これしかしてないよ?と(笑)

逆にパパこんなにしてくれてるありがと~♥となるかもしれませんし

 

難しいですね。夫婦と言っても他人。育ってきた環境も違います。男女の脳の違いもあります。向き不向きもあります。大切なのはお互いを思いやり、たくさん話し合い価値観をすり寄せ出来て、子供を育てるという最重要課題に協力して挑んでいくという事なのかなと思います。なんてまだまだぺっぺーの私が言うのもおこがましいですが。

 

あとはご夫婦でカイロプラクティックケアを受けて体をリフレッシュさせて下さい♪体が楽になると優しくなれますよ笑(^^♪