Pocket
LINEで送る

30代女性。悪天候時の頭痛と腰痛。

 

症状

10代の頃から頭痛が出るようになる。20代で働くようになってからは頻度が増えていった。一週間に1回~2回は痛みが出る。こめかみのズキズキする痛みだったり、締め付けられる痛みだったり痛み方はその時によって違う。ひどい時には吐き気を伴う。一週間に1~2回の痛みに加え、雨天時にも必ず痛みが起こる。段々と痛み止めが効かなくなってしまったので最近は服用していない。腰痛は20代後半頃から始まる。常に重だるさがあり、長時間の座位や長時間の立位で痛みが強く出る。今まで余りにも痛みが強く辛い時に整体やマッサージに行っていた。少し楽になるが頭痛や腰痛が出なくなることはなかった。

 

 

検査

上部頸椎右回旋制限。

左胸鎖乳突筋過緊張。

右上部僧帽筋過緊張。

胸椎右凸湾曲。

腰椎左回旋変位。

左仙腸関節(骨盤)屈曲変位

 

施術

仙腸関節、腰椎、頸椎の可動制限に対しカイロプラクティックケア

胸鎖乳突筋、僧帽筋の過緊張に緩和操作

 

 

コメント

1回目の施術後、頭痛は変化なし。腰痛は同姿勢が続くと出るが日中感じるだるさが少し軽減。2回目の施術後、1回頭痛出るが痛み止めが効いた。腰痛は今まで1時間程で痛みが出ていたが2時間まで痛み出現せず。3回目の施術後は雨天の時のみ頭痛出るが軽い痛み。腰痛は気にならなくなった。4回目施術後、こめかみが少し重い感覚のみで痛み出現せず。状態が安定してきたので5回目は3週間後にする。3週間でも痛みなく過ごせたとのこと。以降はメンテナンスとして1か月~1か月半に1回来院されている。

今回の方のように、雨が降ると頭痛が起きたり、腰痛や膝の痛みが出るという方は多いと思います。悪天候の際なぜ痛みが出るのかというと体が「気圧の変化に対応できない」からです。健康な状態の体ですと多少の気圧変化が起きても自律神経が調整してくれて変化はおきません。しかし骨盤や背骨の歪みが強い方ですと神経の流れが悪いため自律神経まで機能が落ちてきてしまいます。そうなることで雨の日の気圧変化に対応しきれないため、負担のかかっている弱い所に痛みを起こしてしまいます。背骨の歪みからくる自律神経の機能低下はカイロプラクティックケアが非常に有効です。状態により改善までの施術回数は変わってきますが、しっかり説明させて頂きますので我慢されずご相談下さい。

Pocket
LINEで送る